NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題です

病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、毎年120万円の非課税枠があります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株を例にとってみると、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。