それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、ネット証券がおすすめです。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、iDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが

手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

5年間までという制限があるのですが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円なので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。