NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更できるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

NISAの期間は最長5年までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、ネット証券がおすすめです。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。