フラット35は頭金がどれくらい必要?

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。