住宅ローン申し込みはどうすればいい?

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
ローン申請は、銀行等で受け付けています。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要がありますね!結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
以上の事から、申し込めば確実に通る。
という期待はできませんから・・。
不可。
という場合もあり得ます。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。
住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。
という方はまず、一般的には少ないでしょう。
多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。
周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと毎月の支払に関して大変に思う人がたくさんいます。
数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。
支払いをしている間は、金利状況も気にしつつしかも、突然いろいろなことが起こるのが人生なので支払の途中に病気で入院。
という可能性もあり得ます。
ですから、色々なリスクを考えて購入を考えることをお勧めします。
数年以内にフラット35住宅ローンを希望されている方は、借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。
一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。
利息の安いのに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、合わせていくらになるか全ての返済しないといけないお金を調べることから始めましょう。
具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、他の面で高くつく場合があるので注意が必要。