洗顔石鹸アロマオイル香り効能とは?

アロマテラピーは、植物の持つ香りの力で、仕事の疲れやストレスをやわらげてくれたり、リフレッシュできたり、やる気を起こさせてくれたりと、毎日の生活をもっと快適になるための手助けをしてくれるものだとされています。
植物の種類によって違う香りや効能の違いを知って、自分らしい快適なアロマライフを送れるようになりたいですね。
アロマオイルは、その数、数百種類ともいわれています。
その中から自分の好きな香りを選ぶのはすごく大変ですよね。
アロマオイルは、香りの種類によって7つに分類されますので、それを参考にすると選びやすくなります。
まずは、「フローラル系」。
まるで花束の香りを嗅いだ時のように、甘く優しく華やかな香り。
心とからだを優しく癒す効果もあります。
ジャスミン、カモミール、ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、ネロリなどがあります。
次に「柑橘系」。
フルーティでみずみずしい柑橘系の香り。
心もからだもリフレッシュでき、気分も明るく前向きになれます。
オレンジ、グレープフルーツ、レモン、レモングラス,ベルガモットなどがあります。
「ハーブ系」は、爽快感のあるフレッシュな香りです。
集中力を上げたい時や、のどなど呼吸器系が気になる時に効果的。
ペパーミント、ローズマリー、タイム、クラリセージ、ディル、フェンネルなどがあります。
「樹木系」は、森林浴をイメージさせるような心地よい香りです。
リラックスしたり、ストレス解消したい時に効果があります。
ティートリー、ユーカリ、ローズウッド、サイプレス、シダー・ウッド、カユプテなどがあります。
「スパイス系」は、食材としておなじみのスパイス類が原料で、ピリっとした香りです。
情熱的な香りを演出します。
シナモン、ブラックペッパー、ジンジャー、クローブ、コリアンダー、アニシードなどがあります。
「樹脂系」は、木の樹脂から抽出されたウッディで重厚な甘い香りです。
気持ちをリセットしたい時などに。
フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ、エレミ、オークモス、バレリアンなどがあります。
「エキゾチック系」は、どこか異国を感じさせる官能的でオリエンタルな香りです。
東洋的な雰囲気を演出します。
イランイラン、サンダルウッド、ベチバー、パチュリー、パルマローザなどがあります。
このように分類された7種の香りの特徴を理解すれば、自分が必要としている香りを見つけやすくなってきます。
また、オイルを配合する時にも、香り同士の相性を知る上で、この分類別の特徴は必要な知識だといえます。