光ファイバーの業者の人が高齢者に強引に契約させるケースがあります

イーモバイルを使っていてそのうちにワイモバイルになってました。
しかし、ワイモバイルになってから、ソフトバンクのwifiスポットが使用可になりました。
使ってみて、ワイモバイルに変わってからの方がもしかすると良いと推察されます。
電話をあまり利用せず、パソコン中心に使っている方には魅力的です。
転居をしたら、移転先の住居がフレッツ光しか利用できませんでした。
以前から利用していた通信会社を一新することなく契約したかったのですが、他に選択の道がなく、利用を決めました。
月が変わるごとにあることなので前の倍の料金の負担が重いです。
wimaxの回線は、外出中でも使えるのはいいのですが、固定回線と比較すると、遅くなります。
動画サイトなどにアクセスすると、コマ送りになったり、カクカク見えたりすることもよくあります。
都心部以外は対応していない地域も少なくないです。
使う前に、使用する場所の確認が重要です。
ここ最近、光ファイバーの業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光ファイバーの契約に伴うトラブルが増えてきております。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明らかにいたしました。